全額返金

詳細はこちらをクリック

グリーンの速さを測定するスティンプメーター

男性

ゴルフ初心者なら、スティンプメーターという言葉を 聞いたことはないかもしれません。

 

普通にのんびりとゴルフを楽しみたいなら、 スティンプメーターについて知る必要はありません。

 

しかし、ゴルフ場のグリーンのスピードを知る上で、 スティンプメーターの存在は重要ですから、 多少知っておかれても良いでしょう。

 

少しでもゴルフをされた方なら、 熱心なゴルファーが“stimping.”という会話をしているのを 聞いたことがあるでしょう。

 

グリーンの速さがどの程度か、話しているのです。

 

このスピードは、スティンプメーターで測定します。

 

スティンプメーターは、グリーンのスピード測定に使う機器です。

 

グリーンの速さを測定するためには、 ボールを斜面の8方向に転がします。

 

グリーンの速さとは、ボールが転がる平均距離です。

 

例えば、この数値が12であれば、 グリーンを平均12フィート(3.658m)転がります。

 

プロゴルフ協会のコースのほとんどが、10〜12程度です。

 

この数字が大きいほど、グリーンが速いということです。

 

市営のゴルフ場のほとんどは、7〜10程度です。

 

なぜ、グリーンの速さがそんなに重要なのでしょうか?

 

競争していない場合は、関係ないかもしれません。

 

速さがわかれば、不調な理由がわかるのです。

 

例えば、普通の速さのグリーンではスコアが良いのに、 速いグリーンでは成績が悪いとします。

 

プレイする芝についても、速さを考慮しなければなりません。

 

自然の草と人工的な芝では、速さに違いがあるのは明らかです。

 

しかし、今日の業者は、真剣に人工芝製作に取り組んでいます。

 

多くのブランドが、本物の芝の動きを模した 特別な「自然な曲がり方」をする芝を開発しています。

 

今日では、スティンプメーターで測定しても、 人工的なグリーンと区別がつきません。

 

自宅でパット練習に励むゴルファーは、 購入した人工芝を裏庭に置いて、できるようになりました。

 

プレイするコースに合わせて練習したい場合でも、 そのコースのグリーンの速さに調整が可能です。

 

購入する場合は、 製品を販売している会社をきちんと調べましょう。

 

練習用の芝の長所・短所を調べ、 購入前に疑問点をきくようにしてください。

 

グリーンが速くなくても良いとか、 運動やリラクゼーションに役立てば満足である場合は、 プレイするグリーンの速さを知る必要はありません。

 

しかし、誰かがあなたのところへやって来て、 グリーンの速さを尋ねた場合は、なんのことを言っているのか、その意味ぐらいは理解しておいたほうが良いでしょう。

 

 

 

ウォーミングアップのヒント

ウォーミングアップの際に、 打ちっ放しが良いと考える人もいます。

 

実際には、効率的なウォーミングアップ法は、 いろいろなスイングをしてみて、 コンディションに慣れることです。

 

例えば、風の強い日は、違うゴルフをするでしょう。

 

暑いときも、多少違うでしょう。

 

年中コースに出ている人から、 いくつかお役立ちヒントを教えてもらいました。

 

まず、ドライバーショットをするのはかまいませんが、 最初はゆっくりから始めましょう。

 

最初の数回はショートアイアンを選び、筋肉の緊張を取り、 ショットのコツをつかみましょう。

 

徐々にロングアイアンに変えていきましょう。

 

ただし、ボールを遠くまで飛ばすことが目的ではありません。

 

飛距離よりも、コントロールが大切です。

 

持てる限りのスキルを使って、コントロールの練習をしましょう。

 

ドライバーショットだけではいけません。

 

良いドライバーショットが打てたからと、 ウォーミングアップは十分だと考える人がいますが、 それは間違いです。

 

チップショットやパットの練習もしましょう。

 

スイングを重視し、最近受けたレッスンも思い出しましょう。

 

ゴルフの1ラウンドは、 ティーアップショットだけではありません。

 

最も重要なヒントは、感情をコントロールすることでしょう。

 

ゴルフボールにフラストレーションを叩きつけても、 なんにもなりません。

 

フラストレーションはなくなるかもしれませんが、 ゲームには影響ありません。

 

時間をかけて、落ち着いて、ゲームに気持ちを集中させましょう。

 

悩み事も、心のなかから閉め出します。

 

特に気持ちの落ち込みは、ゲームに大きく影響します。

 

多くの人が、練習を始める時点で、誤りを犯しています。

 

新しいクラブ、新しいスイング、および新しい情報を試すのが、ウォーミングアップではありません。

 

すぐに最初のティーアップショットを打つのですから、 今までの最高のプレイをすれば良いのです。

 

ゲームで使ってみたいスイングがあれば、 いくつか試してみるのはかまいません。

 

しかし、それだけに終始しないでください。

 

ウォーミングアップの目的の1つは、自信をつけることです。

 

失敗ばかりしていたのでは、自信などつきません。

 

ウォーミングアップ中は、 いつも使っていて成功しやすいテクニックを使いましょう。

 

ウォーミングアップの必要性を感じない場合は、 最近ウォーミングアップなしでプレイしたゲームのことを 思い出してみましょう。

 

最初のティーアップショットはどうでしたか?

 

4打目はどうでしたか?

 

最初のまずいストロークを、 ゲーム後半で取り戻したことはありますか?

 

ゲームが始まる前に練習しておけば、 このようなミスはありません。

 

しっかり自分のショットが信じられるようになってから、 自信を持ってゲームに臨みましょう。

 

 

 

 

ゴルフの基礎知識
ゴルフレッスンは必要か?
ゴルフクラブの手入れ
ドライバーの働き
女性ゴルファーへの贈り物
ゴルフボール選びのポイント
ゴルフ用品のあれこれ
テクニックやスタイルを解析
ゴルフは打つのが仕事
ボールを打つ強さはどうやって判断するか
ゴルフ指導ビデオの探し方
インターネット・ゴルフレッスン
7番アイアンは完璧なクラブ
サンドウェッジとピッチングウェッジを検討
ウッドは7番がベスト
ゴルフトラップ
5番アイアンは必要?
9番アイアンは何のために使うのか?
1番アイアンは使い道のないクラブ?
ゴルフで最も重要な要素
ソフトでハンディキャップを調べる
ゴルフ学習DVDの利用
テレビゲームでのゴルフは最高